お知らせ

運転免許の写真撮影時の帽子やウィッグの使用について

がん治療で脱毛している人が運転免許写真を撮影する時の帽子の使用が認められるようになりました。

脱毛や手術あとなど、医療上の理由があれば、ウィッグ(かつら)や帽子、スカーフ、バンダナなどの使用が認められます。

【参考】運転免許証の写真に関する患者等への配慮について(通達)

https://www.npa.go.jp/laws/notification/koutuu/menkyo/menkyo20180615_124.pdf

●免許写真撮影時に、帽子をかぶったまま撮影したい場合はその旨係員にお申し出ください。

(ウィッグの使用は、申し出る必要はありません)

 

【注意】

1. 顔の輪郭が分かること(個人が識別できること)が重要です。以下のような帽子やウィッグでは認められません。

  × 帽子のつばやその影により目が隠れるような帽子

  × 前髪で目が隠れてしまうようなウィッグ

2. 医療用帽子と謳われた製品を買う必要はありません。

3. 心配な場合は事前に運転免許センターや警察署へご相談ください。

警察庁の指示では「相談を受けた場合や医療上の理由を確認する場合等には、当該者のプライバシー等に十分配慮し、その聴取を相談室等において行うなど、必要な措置をとることとされたい」となっています。安心してご相談ください。

【参考サイト】

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/menkyo/koshin/koshin/koshin02_2.html

[2019.07.08]